TAP-Windows 9.21.2

TAP-Windows 9.21.2

TAP-Windows – Shareware – Windows
5 票から
image/svg+xml VERY GOOD User Rating

TAP-Windowsは、仮想プライベートネットワーク(VPN)クライアントとサーバー間の通信を容易にするネットワークドライバーソフトウェアプログラムです。TAP-Windowsによって開発されたこのソフトウェアは、VPN接続を確立するための仮想TAPデバイスを作成し、ネットワークを介した安全なデータ伝送を可能にします。

  • VPN接続:TAP-Windowsを使用すると、VPNクライアントはVPNサーバーとの暗号化された接続を確立して、パブリックネットワークを介した安全な通信を実現できます。このソフトウェアは、クライアント デバイスと VPN インフラストラクチャ間のデータ交換用の仮想 TAP デバイスを作成します。
  • ネットワークドライバ:TAP-Windowsは、TAPネットワークプロトコルをサポートするネットワークドライバとして機能します。このソフトウェアは、クライアント側でTAPデバイスをエミュレートし、VPNクライアントがリモートVPNサーバーと通信し、データ転送用の安全なトンネルを確立できるようにします。
  • セキュリティとプライバシー:VPN接続にTAP-Windowsを利用することで、ユーザーはデータ送信を暗号化し、機密情報を不正アクセスや傍受から保護できます。このソフトウェアは、パブリックネットワークまたは信頼できないネットワークを介してネットワークリソースにアクセスする際のプライバシーとセキュリティを強化します。
  • クロスプラットフォームの互換性: TAP-Windowsは、Windows、Linux、macOSなどのさまざまなオペレーティングシステムと互換性があります。ユーザーは、さまざまなプラットフォームにソフトウェアをインストールして、VPN接続を可能にし、さまざまな環境間で安全なデータ転送を行うことができます。
  • OpenVPNのサポート:TAP-Windowsは、ネットワークのセキュリティとプライバシーを強化するオープンソースのVPNプロトコルであるOpenVPNと組み合わせて使用されるのが一般的です。このソフトウェアは、OpenVPNクライアントおよびサーバーとシームレスに統合され、VPN接続と暗号化されたデータ交換を容易にします。
  • 仮想アダプターの作成: TAP-Windowsは、ユーザーデバイス上に仮想ネットワークアダプターまたはTAPデバイスを作成して、VPN接続を確立します。これらの仮想アダプタは、物理ネットワーク インターフェイスをエミュレートし、暗号化されたデータ トラフィックが VPN クライアントとサーバー間を流れるようにします。
  • 信頼性の高いデータ伝送:VPN接続にTAP-Windowsを活用することで、ユーザーはデバイスとリモートネットワーク間の信頼性の高い暗号化されたデータ伝送を確保できます。このソフトウェアは、データ交換用の安全なトンネルを確立し、通信中のデータの改ざんや盗聴を防ぎます。

概要

TAP-Windows は、 TAP-Windowsによって開発されたカテゴリ その他 の Shareware ソフトウェアです。

先月中に、クライアント アプリケーションUpdateStarのユーザー 7,131 の更新時間をチェックしました。

TAP-Windows の最新バージョン 9.21.2 2016/08/09 にリリースです。 それは最初 2012/07/30 のデータベースに追加されました。 最も普及しているバージョンは 9.21.2、すべてのインストールの 64% によって使用されます。

TAP-Windows が次のオペレーティング システムで実行されます: Windows。

ユーザー TAP-Windows の 4 5 つの星からの評価を与えた。

インストール

UpdateStarの 7,131 ユーザーがあった先月装着 TAP-Windows。
UpdateStar によって確認された安全で無料のダウンロード

今すぐ購入
TAP-Windows
up to date を維持する
UpdateStar フリーウェア。